読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

DubLog

     

日本人は幼いのか

人類の祖はアフリカから始まったと言われています。

違いを見せた大国の「人類みな兄弟」

○○(国名)人って○○なところがあるよね。

嘘をそろえる

今回は前回の話に少し通ずるところがあるかもしれません。(下手なデートのしかた - DubLog)

同じ方向を見るということ 2

その時、私はロンドンにいた。 睡魔にまみれた生活を送っていた。

同じ方向を見るということ 1

私は過去に3年ほどの期間をロンドンで過ごしたことがある。

幸福について

UEFA EUROも終わり、サッカーに沸いた街全体の熱気もサマーホリデーへの楽しみへと移行しています。

インターネット万歳

風邪明けで久しぶりに出席した語学学校で、少しタイムリーな話題が出ました。

文明の横顔、みたいなもの

最近、暖かくなってきました。 といっても15℃前後程度のもので、寒がりの僕は外出時に上着はもちろんのこと、少し冷えればマフラーや手袋まで装着したりしています。

現代人はダイエットにとらわれすぎか

先月ロンドンからダブリンに戻ったときは学生ビザで入国しました。 この次にやらなくてはいけないことは外国人登録ですが、その申請のために必要な銀行口座の開設を丸2週間さぼりました。 最近ダラけ気味です。

言ってみる価値があるもの

何の根拠も下調べも裏付けも無い話なのですが、アイルランドの教会は他の国の教会に比べてとんがっている、と感じます。 外観の話です。 主に屋根です。

女子は「女子が嫌いな女子」な男子が好きというメルヘン

語学学校で研修中の講師たちを何人も見ていると彼らの能力の差異に気付きます。 分野は違えど僕も一応教育者、各々のコミュニケーションスキルの違いを特に嗅ぎ分けてしまいます。

世界でモテる男になるための暗記事項

僕は女性の扱いが上手ではありません。 世の多くの不慣れな男性たち同様、「目が合った。あのコ、俺に気がある」に代表される、小さな偶然を大きな好都合にねじ曲げる力技の自己営業力がある一方、自分以外の全員が気付く、女性の好意のサインを実力で見逃す…

言葉の壁

現在、アイルランドで上から数えて4部目に所属するサッカークラブのシニアチーム(年齢制限無しのトップチーム)でコーチをしているのですが、そのシニアチームも、メインのサンデーリーグを戦う選手と、リザーブリーグ的な扱いのサタデーリーグでプレイする…

日本人という外国人

市街地から徒歩圏内にあり、かつては最悪の治安だったが今は多少マシになったエリア(フラットメイトのゲイ談)にある僕の家は、大型スーパーマーケットの裏に位置します。 どこに出かけるにもそのスーパーの前を通っていくのですが、壁や建物の落書きの多さ…